羽吹組の歩みと、いま、そしてこれから

羽吹組の創業は1926年。大巻村の農家であった初代羽吹寛長が庭師として開業したことが始まりです。初代寛長が創業当時から目指したのは、「お客様のため、地域のために心を込めて良いモノを造り、誇りを持って仕事をやり遂げよう」。そして今、羽吹組は、お客様、そして地域のニーズに応えるため、常に新しい知識や技術を追究しています。

 

『彌』の由来
羽吹家の屋号を弥左ェ門といいその『弥』から『彌』として社章を決めたと言われています。
弥左ェ門の名は、現社長(羽吹 忍)から6代前の当主の名前とされています。


会社概要

会社名 株式会社 羽吹組(ハブキグミ)
代表者 羽吹 忍(ハブキ シノブ)
所在地

〒949-7104     
新潟県南魚沼市寺尾275-1

連絡先

TEL:025-776-3135
FAX:025-776-3618
E-mail:s.habuki@nifty.com

創業 1926年(大正15年4月)初代 羽吹 寛長による
資本金 2,000万円
従業員数 20名(令和元年7月時点)
事業内容

土木・建築等建設工事の請負(総合建設業)
建設業許可:新潟県知事許可
(特-29、特-1)第8576号
(般-29)第8576号

歴史

1926年(大正15年4月) 創業(羽吹 寛長)
1958年(昭和33年1月) 最初の登録 新潟県知事(ほ)第2688号
1961年(昭和36年7月) 株式会社羽吹組 設立 資本金100万円 初代代表取締役(羽吹 寛長)
1969年(昭和44年9月) 2代目代表取締役(羽吹 長宏)就任
1676年(昭和51年8月) 資本金増資 1,200万円
1982年(昭和57年5月) 資本金増資 2,000万円
1985年(昭和60年1月) 現社屋完成
1988年(昭和63年7月) 系列会社(株)タカチョウ(総合建設業) 設立
2003年(平成15年7月) 3代目代表取締役(羽吹 忍)就任

 

 

溜池隧道完成 現在の隧道


昭和15年3月村の農業用水確保の為山の溜池から隧道にて用水路を確保しました。

 

令和元年 現在も地域の農業用水路として使用している。